ANDRO & GYNOUS, 2018, acrylic photo prints

ANDRO & GYNOUS

2018

acrylic photo prints, 600×900mm

2018.06.30~07.16 美学校ギグメンタ「明暗元年」

神話的題材を扱う架空のアート・コレクティブFABULOUZとして制作。

ギリシャ神話やプラトンの『饗宴』に登場する完全性の象徴であるアンドロギュノスに、今作のテーマである戦後民主主義を過剰に盛り込んだ写真作品。神話の中でアンドロギュノス(二人の人間が合体した結合双生児のような姿)は、神ゼウスの怒りによって二つに切断され、失われた半身を求めて本来の姿を回復しようとするエロス(愛)の起源として語られている。戦後、自身の半身を西洋的近代化に求め、奇形となったアンドロギュノスを描いてみた。

Installation view  "Meiangannen", spiid, Tokyo

ANDRO & GYNOUS, 2018, ​photograph

ANDRO & GYNOUS

2018

​photograph

© Yuki Maniwa