Marginal Man

Marginal Man 
2017 
Installation view
bed, projector, media player, tripod, background paper, autopole
video, 3 channel,  20'52"

​Marginal Man

 もし私たちの人生が毎秒毎秒かぎりない回数繰りかえされる運命にあるなら、イエス・キリストが十字架に釘づけにされたように、私たちは永遠性に釘づけにされることになる。この思想は恐ろしい。永遠の回帰の世界では、どんな身振りもそれぞれ、とても耐えられない責任の重みを担うことになるのだ。だからこそニーチェは、永遠の回帰という思想はこのうえなく重い荷物(das schwerste Gewicht)だと言ったのである。
 もし永遠の回帰がこのうえなく重い荷物であるならば、それを背景として、私たちの人生はそっくり素晴らしい軽さを帯びて立ちあらわれてくるかもしれない。
 だが、本当に重さは恐ろしく、軽さは美しいのだろうか?

ミラン・クンデラ『存在の耐えられえない軽さ』より


     If every second of our lives recurs an infinite number of times, we are nailed to eternity as Jesus Christ was nailed to the cross. It is a terrifying prospect. In the world of eternal return the weight of unbearable responsibility lies heavy on every move we make. That is why Nietzsche called the idea of eternal return the heaviest of burdens(das schwerste Gewicht).
    If eternal return is the heaviest of burdens, then our lives can stand out against it all their splendid lightness.
    But is heaviest truly deplorable and lightness splendid?

Milan Kundera "Unbearable Lightness of Being"

-3つの映像- Installation viewより左から

*作者の一日を、CM映像のようにカット割りを多くし、行動と行動を淡々と繋ぎ合わせ、繰り返される日常を記号的に示した映像。

*波打ち際の境界を自らの身体で確かめる榎倉康二の写真作品「予兆-海・肉体(P.W.-No.40)」のオマージュ。時折電話の呼び出し音と留守番電話の音声案内が流れ、永劫回帰を暗示する映像に切り替わる。

*作者の部屋の一角を映像とベッドを用いてシミュレーションした。窓から差し込む夕日の光の映像を、再生と逆再生を繋ぎ合わせ円環構造にした。

《Marginal Man》Trailer #1

《Marginal Man》Trailer #2

《Marginal Man》Trailer #3

Marginal Man

Marginal Man
2017
video, 20'52"

Marginal Man

Marginal Man

2017

video, 20'52"

Marginal Man

Marginal Man

2017

video, 20'52"

© Yuki Maniwa