R_001-min.jpg

root

2018
bamboo reinforced concrete

2018.06.30~07.16 美学校ギグメンタ「明暗元年」

太平洋戦争中、鉄不足を補うため日本で使用されていた竹筋コンクリートを再現した作品。竹の強度としなやかさが鉄の代用になると考えられたが、竹とコンクリートの接着性が悪く、骨組みが離脱する可能性から長期的な使用が困難となり、廃れてしまった構造物である。強固にみえて完全ではない不安定な物質性が近代化の実態をあらわしているように思えた。

Installation view  "Meiangannen", spiid, Tokyo

© Yuki Maniwa