The PHANTOM of the MODULOR

2019

​video, 3’00”

caputure-min.jpg

2019.11.30~12.15  文華連邦/Marginal Studio個展「STRANGER」

 

映像作品《STRANGER》のプロローグとして制作した組作品

21世紀の東京、埋立地。ある晴れた日、海辺から出現したモデュロール(*1)の亡霊は、理想の空間を求め、かつて夢見た高層集合住宅(*2)の中に入っていく。

 

*1…MODULOR(モデュロール)は近代建築家の巨匠ル・コルビュジエ(1887〜1965年)が提唱した建造物の基準寸法です。人体のプロポーションと黄金分割によって案出された尺度体系で、国内だと神奈川県立近代美術館、国立西洋美術館などで用いられています。

*2…コルビュジエには「輝く都市」という理想都市の構想がありました。都市の中央に超高層ビルを建て、その周囲に緑地を作り、人間の振る舞いに応じゾーニングされた、機能性合理性を突き詰めたプランです。「輝く都市」の都市計画案の一端は集合住宅ユニテ・ダビタシオンとして実現されました。

 

The PHANTOM of the MODULOR

2019

​video, 3’00”, loop

© Yuki Maniwa